ブログ&お知らせ
ARCHIVE ・ ENTRY ・ COMMENT ・ CATEGORY ・ LINK ・ OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< colocal編集部が来たよ | main | 窯焚きに15歳の強力助っ人が来ました >>
2017.05.26 Friday

窯焚きはじまります

by 鷲羽窯・わしゅうがま

前回1列目を詰め終えました。

 

前回の様子

 

1列目と2列目の間にコロガシと呼ばれる場所に作品を置いていく。

ここに置いてあるものは薪を投げ込む焚き口の真下にあるため、薪が燃えて熾き(おき 炭が燃えているような状態)が溜まり作品が埋もれることによって変化の激しい作品ができる。

場所に限りがあるのでたくさん焼けないのと、薪が直接あたるので損傷のリスクもかなりあります。

高温に耐えこのような作品が生み出されます。

その後も詰めてゆき、詰め終わりました。

レンガで蓋をしてきます。その時に薪を投げ込む焚き口、炭入れの穴をあけておきます。

壁土を塗って完成。夕方からガスで窯の内部の湿気をとっていきます。3日後薪に変えて4交代で焚いていきます。最高温度は1200°!最近は28度と超えることもあり、暑さでへばらないか心配です。

コメント
コメントする