ブログ&お知らせ
ARCHIVE ・ ENTRY ・ COMMENT ・ CATEGORY ・ LINK ・ OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベトナムからのゲスト | main | アメリカのバークレーからお客様 >>
2017.04.20 Thursday

カブトムシの幼虫と筍

by 鷲羽窯・わしゅうがま

先日仕事をしていると、知り合いの家族から電話で「以前そちらでカブトムシの幼虫をいただいて孵化をさせたのを子供がとても喜んでいて、また今年もカブトムシの幼虫が欲しいと言っているので取りに伺ってもいいですか?」との内容でした。

 

何年か前に草刈りの草を積み上げていたところを掘り返すとじゃんじゃんカブトムシの幼虫が採れていたことがあって、いろんな方に分けていました。ただ現在は枯葉や草を積み上げているところはないので、「いないかもしれないけど、よかったら来てください」と返事をしました。

 

というわけで数時間後にやって来た三人姉妹とお母さんと私で探すことにしました。

三姉妹は5歳と4年生と6年生の女の子で動物とか自然が大好き。家では鶏を孵化させて雄鶏と雌鶏を一羽づつ飼っているそうです。

 

というわけで、まずは前回掘り返したところ。が、やはり腐葉土自体がなくなっており、掘り返してみるもいませんでした。

 

お次は椎茸の原木を置いていた場所。古くなった椎茸の原木を放っておくと腐ってきて、それを食べる幼虫がいることがあるのですが、そこまで腐っておらずここにもいません。

木の枝を持って掘り返す三姉妹+お母さん。

去年の冬に集めていた落ち葉。来年はきっといると思いますが、今年はやはりいませんでした。

いろいろ探すもやっぱり見つからず今回はあきらめることに。夏ミカンをみんなで食べた後はオガクズの山に足を埋めたり、寝転んだり、服のまま埋まってみたり。最後にはオガクズを掛け合って遊んでいました。お母さんは洗濯が大変そうですが、自由に思いっきり遊んでとても楽しそうでした。

帰り際お礼にと金光町で今朝採ったばかりという筍と蕨をいただきました!今年はタラの芽を採りに行けなかったので旬のものをいただいてとても嬉しいです。煮物にしていただきます!!

コメント
コメントする