ブログ&お知らせ
ARCHIVE ・ ENTRY ・ COMMENT ・ CATEGORY ・ LINK ・ OTHERS
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.06.19 Sunday

田植え

by 鷲羽窯・わしゅうがま

 

 

 

 

 

 

 

2016.05.28 Saturday

窯焚き終わりました

by 鷲羽窯・わしゅうがま
4月から詰め始めた窯にGWに体験に来られたお客様の作品をつめてレンガで蓋をしたのが5/13日。それから炙りとよばれる窯の中の湿気を出し切る作業をして16日から本焚きに入りました。本当はちょくちょくブログを更新しようと思っていたのですが忙しさにかまけ更新できなかったのでまとめて報告です。

長年窯焚きを手伝ってくれているFさんや私の中学校の同級生や先輩に頼んで、6時間ずつ4交代で焚いていきました。

温度が低いうちは下の焚き口から薪を入れていき、ある程度温度が上がってから上のふたを開けて薪を投げ込んでいき、最終的には1200°まで温度を上げていきます。焼けたかどうか判断するのは、温度計を目安にはするのですがそれだけでは不十分で、焚き口を開けた際に中の作品を覗き込み作品の光具合で判断します。
火入れをしてからちょうど一週間目の5/20日に窯焚きを終えました。

 
2016.05.10 Tuesday

「ドリームタウンフェス」に参加してきました

by 鷲羽窯・わしゅうがま
児島青年会議所主催の「ドリームタウンフェス」に参加してきました。内容は倉敷市の4年生から6年生対象で地元で働いている企業や消防や警察などの仕事を身近に感じてもらおうというお仕事体験学習です。一度に8名の小学生と体験時間が30分と短いためどういった内容を用意していこうかと迷いましたが、土に慣れ親しんでもらおうと沖縄で有名なシーサー作りにしました。

準備万端。テント建てや椅子、机などの用意を青年会議所の方がやってくれてました。

まずはパーツを切り取り、指定された場所に置いてもらいます。まずはベースとなる頭の形を整えて、それからパーツをのせていきます。1グループ30分しかないので大急ぎで作業してもらいます。時間が短いと集中していいかもしれません。

パーツをだいたいの場所に置いてから、どべ(粘土を溶かしたもの)をつけてしっかりくっつけていきます。

完成!時間がもっとあれば体部分もできたのですが小学生が30分しかない中上手にできました。にっこり笑っている顔を見ているとこちらまでにっこりしてしまいます。希望していただいた方は素焼きにしてお渡しします。